マイラーのためにJALのマイレージを最新情報で比較しました

JALカード家族プログラムでマイルを合算して効率よく利用

 家族旅行に行きたいのに、マイルがちょっと足りなくて、1人だけは現金で払った、もしくは旅行を断念した、というような悔しい思いをしたことはないだろうか。

 

 JALのマイルは、飛行機に乗らなければなかなか貯まらないが、JALには家族でマイルをまとめて管理する「JALカード家族プログラム」というのがある。効率よくマイルを利用できる。

大人はJALカードを持つことが条件

 子会員になるには登録が必要になる。会員登録の条件は、その家族が未成年以上であれば、NaviカードもしくはJALカードの本会員か家族会員カードを持っていること。18歳未満はJALカードを持てないので、JMB会員であることも必要になる。

 

 この条件を満たしたら、申し込みを行うと、親会員にすべてのマイルがまとめられる。 家族旅行で集めた4倍のマイルを1つにできるという画期的システムなのだ。 但し、18歳未満のカード会員でないJMB会員だけは、1人あたり525円の登録手数料が必要となる。

 


JALカード公式サイトへ

合算している場合はマイルの減少に注意

 家族プログラムでは、利用したマイルは、家族カードに参加している人から均等に減算される。 合算したマイルは「特典航空券の取得」に主に利用可能であって、取得した航空券は「おともdeマイル割引」に利用できない。

 

 特に常に合算していると、10000マイルを割った時など、単独で航空券を取ることが難しくなるので気をつけるようにしよう。

運賃が割引される子供を使えばウハウハ

 ここで裏技。実は、子供・幼児料金というのは案外安い。子供の旅費はマイルで取るよりも、正規料金を払う方がダンゼンお得だ。さらに子供料金で取っても、しっかりマイルが付き、後にまた合算で旅行が可能。マイルを使ってもタダで旅行することはできないのだから、旅行計画を作る場合は、ある程度そのへんの出費のバランスと、もうひとつ次に行く旅行でのマイル利用プランを考慮に入れて練るといいだろう。


ホーム RSS購読 サイトマップ
マイレージの基礎 ANAとJAL比較 ANA JAL