意外に特約店のあるガソリンで貯める

生活費すべてをマイルにする取り逃しはないか徹底チェック

 単にカードで払っているから、マイルは確実に貯まっていると思っていたら大間違い。JALと契約しているサービスやキャンペーンを利用すれば、さらにマイルを貯めることができる。実際手続きを行うと、おいしくマイルが貯まるサービスをいくつかピックアップしよう。

意外に特約店のあるガソリンで貯める

 ガソリンスタンドは競争が激しいが、とても価格で競争できるような利益状態ではないので、仕方なく独自のポイントシステムや、カードの契約で、一部の客に毎回使ってもらうような、リピーターを望んでいる。

 

 ということで、ガソリンをカードで払うだけでは、完全にマイルが回収できているとはいえない。JALカード特約店である「新日本石油(ENEOS)」「コスモ石油」「JOMO」なら、100円2マイルを貯めることができる。

駐車場でマイルを貯めよう

 車の利用でマイルを貯めるという点ではコインパーキングも重要だ。タイムスチェーンでは、ポイントカードを発行しており、100円Iポイントでポイントを付与。2タイムズポイントを1マイルのレートでJALマイルに交換できる。コインパーキングは、500円、1000円という金額を支払うことが多め。ぜひ利用しよう。タイムスクラブの入会は、ネットマイルなどでたまにポイントの付くキャンペーンをやっている。

プロバイダ契約でマイルを貰おう

 マイルの積算対象となるプロバイダの乗り換えには、プロバイダ会社の契約と同時に、BフレッツやUSEN、TEPCOひかりやひかりOneといった「回線」の契約が同時に必要となる。この「回線の新規敷設」がかなり曲者で、すでに引いている回線が「Bフレッツ」だったら、Bフレッツを引いている人は解約後対象プロバイダに契約してもマイルを貰えない。

見積もりだけでもマイルが貰える!保険でマイル

 保険商品は実に多彩。どこに保障を付けるかというところが異なるからなのだが、おかげでどれを契約したらいいのかわからないことも多数。特に自動車保険は毎回契約更新の際に「見積もりを取るだけでポイント」というサイトも数多くあり、活用するに越したことは無い。特に「Yahoo保険」を利用すると、見積もりだけでポイントを貰うことができる。

 

 また、生命保険などで注目しておきたいのが「支払い」だ。保険の場合、契約時マイルを貰っても、銀行引き落としでしか支払いができないケースがほとんど。そんな時は「カード払い」が可能な保険会社を探そう。

 

 海外旅行保険も注目だ。カードに付いている付帯の海外旅行保険では海外でトラブルが発生した時、その場で連絡できる窓口を持っていない場合が多い。故に海外旅行保険へ入るのは必須といえる。


ホーム RSS購読 サイトマップ
マイレージの基礎 ANAとJAL比較 ANA JAL