マイラーのためにJALのマイレージを最新情報で比較しました

JALカードのたくさんある種類の中から最適なものは何か

たくさんあるJALカードでどれが最適なのか

アップグレード

飲み会の幹事をやったとき、はマイル獲得の大きなチャンス。カードでみんなの会計を立て替えるのだ。大勢が集まる飲み会の決済は数万を超えることも多く、マイルが一気に手にはいるからだ。

 

しかし、カードの利用ポイントだけではなく、他にもいくつかの「マイルが貯まる」サービスを併用できることがある。


大手チェーンも加盟している グルメマイル

対応店舗は少ないように見えるが、チェーン系がいくつも加盟しているので店舗数は多い。カードを見せて、明示的に会計時「マイル付けてください」と言ってマイルを付けてもらうサービス。

 

ANAカードで支払うと、カード利用で付く100円1マイルに加え、100円2マイルが貰えて、かなりおいしい。マイレージクラブカードを提示しての現金払いでも100円1マイルが貰える。

 

黙ってカードを出すと単なる力−ド決済と勘違いされることもあるのでマイル加算の希望をはっきり伝えよう。

 

加算されたことが明確にわかるレシートが出るのが、わかりやすい。

カードdeダーニングと楽天ダイニング

あらかじめクレジットカードを登録しておこう。そのカードで、登録店舗での飲食費を支払うと、カードのポイント他、なぜかマイルもついちゃう便利なサービス。

 

ただ、サービス対象店が、登録したカードのブランドをそもそも使えない場合はポイント加算をあきらめるしかない。

 

でも実は、このシステムの母体は「楽天ダイニング」というサービスも行っているのだ。楽天ダイニングでは、カードdeダイニングの加盟店に加え、「毎月1回だけしかポイントの加算がされない」店舗を増強。さらにポイント換算率がいい。

 

なおこの2つのサービスは同時に登録はできない。カードdeダイニングで登録しようとしたら「ご入力いただいたクレジットカードは、既に楽天ダイニングに登録されています。」とはじかれる。

 

また、楽天力−ドを持っていると、持っている楽天力−ドが勝手にポイントの対象となる。

 

楽天カードを取る前に、普段利用しているANA力−ドをすばやく登録しておくのがオススメだ。


ホーム RSS購読 サイトマップ
マイレージの基礎 ANAとJAL比較 ANA JAL