マイルによる特典航空券と違って、他の同行者の分もマイルで支払うことができる。

マイルを国内旅行で使うなら特典航空券よりもご利用券がお得!?

利用券はブラックアウトがないのが魅力

 マイレージでのチケット交換では、マイルで購入する席数に制限をかけているので、どうしてもいけない時期や選べない便、予約が埋まっていることも多い。利用権での購入は、基本的にお金でチケットを買うのと同じなので、どの時期でも好きな便を利用することができる。

 

 ご利用券の場合は、だいたいマイルの1.5倍相当の金額のチケットを買うことができる。特別安いブッキングであれば、国内のほとんどが、おおよそ20000円で往復可能。となると、マイル的には、13000マイル(19500円分)を、ご利用券に変更すれぱほぽ同じとなる。1000マイル損するが、ご利用券での購入ならマイルが付く。上級会員ならば、短い区間でも1000マイル以上は付加されるのだ。またマイルで旅をすると、EQMや搭乗回数が稼げない。せっかく貴重な時間を使つての飛行機搭乗が、上級会員にカウントされない。

特例でマイルを使った方がいい場合もある

 但し、複数で旅行するならマイルの方がいい場合もある。ANAの「いっしよにマイル割」JALの「おともDeマイル割引」を利用するのだ。マイルで1人が搭乗すると、路線によって20000円または25000円にて、最大3人まで、チケットを購入できる。マイルを現金に換算しても、かなり格安で飛行機に乗ることができる。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
マイレージの基礎 ANAとJAL比較 ANA JAL