クレジットカード支払いで賢くマイレージを貯める

生活費をすべてクレジットカード利用で効率よくマイルを貯める

まずは基本の光熱費と食費から

 最初は光熱費など公共料金をカードで支払うところからはじめよう。さらに、光熱費の引き落としを設定するだけでボーナスマイルやポイントを貰えるキャンペーンを行っている場合もある。

 

 ただ、キャンペーンを待っている間もマイルの獲得はできるので、思い立ったが吉日。気づいたらすぐにカード払いに切り替えよう。

スーパーなどは極力カード払いに

 さらにカードが使えるところでは、現金を使わす極力カ−ドで払うのがポイントだ。食材費など、もともとスーパーなどで安価に済ませている部分だって、大手スーパーならほとんどの所で、クレジットカードでも支払うことができる。

 

最近は家賃がカードで払える場合もある

 会社の立替処理や宴会の飲食店手配の一括会計など、現金で払うところは極力カードにしよう。

 

 家賃も最近は家貸のとり損ないを防ぐため、カード払いができる物件も多い。新規にカードを作らされることもあるが、年間5万円の家賃としても60万円は使うカードなので、家賞用と割り切り、新規にクレジットカードを作ってポイントを貯めてもいいだろう。

 

 ただ、カード払いに切り替えたとたん手持ちのお金があるからといって無駄遣いに励む人もいるがそれはダメ。カードに恐怖の請求額がきて真っ青になってしまうぞ。

現金のほうがお得なケース

 5%以上現金のほうが安いならば、現金で払ってもいい。

 

 カードで買えばおおよそ、100円1マイル=3円の換算になる。キャンペーンなどを考えてみると、約5%がゆくゆく還元されるからだ。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
マイレージの基礎 ANAとJAL比較 ANA JAL