銀行取引でマイルを貯める

ANAでもJALでも可能!銀行取引でマイルを稼ぐ方法

ANAはスルガ銀行ANA支店のフィナンシャルパス

スルガ銀行

 スルガ銀行は、全国にATMを設置していない。ゆえに、セブン銀行やE‐NetなどのATM利用が主となるため、それらATMの手数料が無料、というのが大きなメリットだ。

 スルガ銀行の場合は、住宅ローンで毎年25000マイルをプレゼントなんていうのが目に付くが、住宅ローンの借り換えをするのにしか使えないし、金利がすごく高い。だいたい大手銀行の倍以上だ。5000万円借りたら1億円以上払うのが当たり前なのでオススメできない。

 

 というわけで地味に給与口座に使うほか、クレジットカードの引き落としに使うと地道にマイルを稼ぐのがオススメ。

 

 申し込みは電話やネットで申込轡を取り寄せることになる。マイレージ番号を変えたくない場合、申し込み時にマイレージ番号を敢えてかかずに申し込んで、あとで電話で「マイレージカードの統合」を、ANAマイレージクラブに申し出よう。

JALならば「りそなポイントクラブ」

りそなクラブ

 JALのマイルに移行するならぱりそな銀行をメインバンクにしよう。りそな銀行の「りそなクラプ」では、銀行取引に応じてポイントが貯まる。ANAのように支店縛りもないので、すでにりそな銀行の口座を持っていれば誰でも参加できるのがいい。ポイントは2ポイント1マイルとしてJALのマイルに交換できる。りそな銀行では、ポイントを稼ぐために、特に何も考えなくてもいい。給与引き落としに指定するのはもちろんだが、あとは、積み立てをやったり、預金の残高を入れておくといった、普通の銀行取引でも、じわじわとポイントが手に入る。何も考えずとも毎月50マイル程度が貯まっていくのは非常に気軽かつ便利だ。ATMの利用手数料も、月3回まではキャッシュバックされる。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
マイレージの基礎 ANAとJAL比較 ANA JAL