タカシマヤカードでマイルをドンドン貯めよう

タカシマヤカードでANAマイルも上級会員資格も一気にケット

 カードがとにかくアツい。まず、驚愕のマイル週元率が非常に魅力的だ。デパートの買い物で、最低8%。キャンペーンで10%のポイントが付与される。さらに年額100万円を利用すると常に10%が還元される。

 

 還元されたポイントは2000ポイントごとに2000円の「お買物券」と交換可能。高島屋で利用できる「お買物券」は、商品券とは異なる額面2000円の商品券。窓口でマイレージカードと一緒に持っていくと、500マイルをマイレージカードに加算してくれる。持って行くマイレージカードの名義は誰でもかまわないので、譲渡可能なマイルとなるのだ。なお、カードの会費は年会費は初年度無料で500ポイントプレゼント、次年度より2100円。タカシマヤの利用が多いならかなりいい。 ここのカードのミソは、カード支払いでなくてもいいこと。提示すればポイントが付く。

 

 また、お買い物券『一枚だと500マイルのマイレージ加算だが、5枚まとめて加算すると、4000マイルが加算される。つまり60%加算率がアップするのだ。

 

タカシマヤカード[ゴールド]でプロンズメンバー相当

 ゴールドカードはさらにすごい。年会費は10500円だが、高島屋でのラウンジが利用できるほか、ANA便に搭乗するとANA力−ドと同等に搭乗マイルが10%アップする。

 

 10000ポイントを商品券に変えて、マイルを加算すると4000マイルという話がさっき出たが、40000ポイントまで貯めて、一度に直接マイルヘ変換すると、ANAマイレージクラブのブロンズ相当のサービスを受けられる。

 

 認定期間は1年間。ブロンズ相当といっても、アップグレード券やスターアライアンスシルバーサービスはうけることができず、あくまでANA独自。とはいえ搭乗時のマイルの増枠などは望めるので、上級会員を狙うときあらかじめ特別会員になっているとマイルの点で有利だろう。

手堅くマイルを買う手段として覚えておこう

 この「お買物券」はオークションサイトや金券屋で、額面よりちょい高いくらいで取引されている。 5枚、つまり10000円分買えば、いきなり4000マイルが手に入るのだ。

 

 1マイル当たりの単価は2.5円。タカシマヤカードに入会せずとも、マイルを買う手段として、知っておくと便利だ。


ホーム RSS購読 サイトマップ
マイレージの基礎 ANAとJAL比較 ANA JAL