マイラーのためにANAとJALのマイレージを最新情報で比較しました

生活費すべてをカードで買い物してマイルに

アップグレード

クレジットの利用を行うと、だいたい1%分のポイントが還元される。そのポイントは商品券に変換することもできるが、大抵が飛行機のマイレージにも交換できる。現金で払ってもよいことはないので、クレジットカードを精力的に利用しよう。


まずは光熱費と食費から

最初は光熱費など公共料金をカードで支払うところからはじめよう。利用した金額の1%がままポイントとなるぞ。さらに、光熱費の引き落としを設定するだけでボーナスマイルやポイントをもらえるキャンペーンを行っている場合もある。

 

しかし、キャンペーンを待っている間も引き落としは毎月行われる。その間のマイル獲得機会を失う。銀行引き落としにしてある公共料金はすぐにカード払いに切り替えよう。

スーパーなどは極力カード払いで

アップグレード

さらにカードが使えるところでは、現金を使わずカードで払うのがポイントです。食材費など、もともとスーパーなどで安価にすませている部分だって、大手スーパーなら、ほとんどのところで、クレジットカードでも支払うことができる。お店によっては専用カードを作っているところもあるが、ポイントは散らしても意味がない。メ
インカードとしているカードで精力的に支払いを行おう。


カード払いで地道に貯める

会社の建て替え処理や宴会の飲食手配の一括会計など、現金で支払うところは極力カードにしよう。コンビニなどではEdyが使えるので、電子マネーのお金
をカードにチャージしてから使えばポイントは貯まるし、会計も速い。すすんでみんなの買い物を頼まれるのもよい方法だ。

請求書をネット化すればさらにポイント還元

アップグレード

カード会社によっては請求書の電子化(メール+Webサイト)をすると、毎月ポイントをくれることがある。自己管理できる人なら切り替えたほうがポイントはお得。
だが、カード払いに切り替えたとたん手持ちのお金があるからといって無駄遣いに励む人もいるがそれはダメ。カードに恐怖の請求額がきて真っ青になってしまう人や、支払い自体を忘れる人も多く、あまりオススメできない。自分は大丈夫という人だけ手続きしよう。


現金の方がお得なケースは5%以上の差になることも

カードで支払うか、現金で支払うか、どっちがお得か迷った場合は「5%」を基準に考えよう。カードで支払った場合、100円1マイル=3円と考えても、いろいろ複合的な観点から考えれば、5%以上お得になるケースは少ない。

 

5%以上現金がお得なら、現金払いをしたほうがお得といことになります。


ホーム RSS購読 サイトマップ
マイレージの基礎 ANAとJAL比較 ANA JAL