プライオリティパスに入会して世界のラウンジサービスを得る

マイルではなく、ラウンジ目的ならプライオリティパスがいい

セゾンアメックスプラチナカードを作ろう

プライオリティパス

上級会員の魅力は、いろいろなステータスにもあるが、一番目に見えて大きいのはラウンジの利用ができること。 もし、ラウンジの利用だけが当面の目的であるなら、ブライ

オリティパスに入会すればいいだろう。

 

プライオリティバスは、どんな飛行機会社の飛行機に乗っても、その国のそこそこランクが上のラウンジに入ることができる会員資格。

 

年会費99ドル+利用24ドルもしくは年間399ドルでフリー利用が可能な会員制のラウンジシステムだ。 成田ならばコリアンエアーやノースウェスト航空のラウンジ、クレジットカードラウンジに入れる。

プライオリティパスをもつと安く利用するには

しかし、年間399ドルというのはちょつと高い。そんな場合、会員になるのはちよつと難しいが、セソンアメックスの最上位クラス「プラチナ」を作ればいい。よくステータスの象徴として言われる「アメックスのブラチナカード」ではなく、「セゾンカード」の発行する「アメックスのプラチナカード」なので、本家よりも多少は基準は緩めになっている。

 

セソンアメックスブラチナカードでは、ブライオリティパスが無料で利用可能となる。アメックスの上位サービスを受けれるほか、プラチナカードなので持っているだけでステータスに
もなる。

 

会費は年問21000円と、サービスの割には激しく安いのだ。さらに、海外利用での付与ポイントは通常の2倍だ。その他に楽天プレミアムカード(ゴールドカード)なら年会費10,500円で発行できる。

 

飛行機会社を問わず各国のラウンジに入れるプライオリティパス

  • ブライオリティパスに単体で入会
  • 年会費99ドル+1利用24ドルもしくは年間399ドル
  • セソンのアメックスプラチナ年間会費21000円でブライオリティパスの資格が付く

ホーム RSS購読 サイトマップ
マイレージの基礎 ANAとJAL比較 ANA JAL