国内線ならANA,国際線ならJAL

搭乗前のひと時を快適に過ごすANA・JALフウンジ徹底比較

上級会員にだけ入場を許される「ラウンジ」

上級会員やビジネスクラスだと入ることのできるラウンジ。たまにキャンペーンなどで、一般の搭乗者も入ることができるが、ほとんどの人は存在すら知らないことが多い。ラウンジとはまず何なのだろうか。

 

ラウンジは、セキュリティゲートをくぐった後に入ることのできる休憩室だ。

 

資格のある人は、同航空会社もしくはアライアンスに加盟した提携会社の航空券を利用するときに限って、無料で入ることができる。

 

ラウンジでは、快適な空間と広い席、またジュースからビール、日本酒やブランデーまで、あらゆるドリンクと軽食を提供する場所だ。

 

インターネットやPC、場所によってはシャワールームも提供されており、出発前のひと休みに最適な空間だ。

 

たかが休憩室と言うなかれ。人がいっぱいの空港では、座ることもままならないことがある。

 

これからの長旅を前にして、ラウンジでゆっくり休める上級会員と、固い空港ベンチに座り込む一般客では、飛行機は同じエコノミー席でもその疲れは段違いになるのだ。

リニューアルの続くラウンジ

さて、航空券価格が頭打ちの低価格となった今、高所得者や利用の多い客に向けたラウンジサービスを、各社ともに充実しようとしている。

 

要は確実に飛行機の乗る層の囲い込みだ。

 

2006年にリニューアルされたANAの成田空港国際線ラウンジでは、そばやうどんなどの軽い食事の提供が話題となった。

 

2007年、それを追いかけるようにJALもラウンジを大幅改装。見違えるように豪華な空間に生まれ変わった。

 

JALのラウンジではブュッフェ形式の簡単なディナーを提供している。

 

サラダやパンはもちろん、激ウマの炊き立てご飯、人気チェーン店のスープストックトーキョーのスープやカレー等々のおなかにたまる食事も提供している。

 

ドリンクも、係員がカクテルを作ってくれるので、ちょっといいレストラン並みに食事を満喫することができるようになった。

ラウンジにはこうやれば入れる!

国際線でビジネスクラスに乗る or 飛行機に年50回以上乗って上級会員にラウンジに入る資格をケット

搭乗前の余った時間に、広い空間で優雅なひととき軽食、喫茶店代が浮くエコノミー席で疲れるのを軽減できる

ラウンジ比較表

航空会社 ANA JAL
成田ラウンジの食事 特製うどん・そばが食べられる ホテルのビュッフェなみの食事を提供
成田ラウンジの広さ 1フロア 2フロア
各国ラウンジの状況 スターアライアンスの提携ラウンジを利用できる ほとんどが自社サクララウンジを準備している
各国ラウンジの食事提供具合 主に飲み物と軽食のみ提供。韓国だけは充実している おにぎり、カップラーメンなど提供があります
国内ラウンジの広さ 比較的広め、喫煙室やマッサージイスがあります 喫煙室のない場所が多い

 

国内線ならANA,国際線ならJAL

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
マイレージの基礎 ANAとJAL比較 ANA JAL