ANAとJALのマイレージを最新情報で比較しました

ANAかJALか?マイレージを貯める航空会社を決める

世界中に航空会社はいっぱいあるけれど日本人なら日系を

航空会社のマイレージは、世界中の航空会社が行っているサービス。
どの航空会社でマイルを貯めるのか考えたとき、選択肢はかなり多い。
飛行機に乗るだけで貯めるなら、格安航空券を放出する、ユナイテッド航空やノースウェストでも十分マイルが貯まるだろう。
しかし日本がペースでないこれらの航空会社では、飛行機に乗る以外の手段でマイルを貯めるには、またもや世界チェーンのホテルでマイルを貯めるか、クレジットカードからマイルヘ変換するくらいしか方法がない。
マイルを貯めるには必ず使う「生活費」をマイルに替えるのがもっとも効率がいい。となると、国内のあらゆるショッブなどと提携して、さまざまなシチュエーションでマイルを貯められる、JALかANAの二択となる。
この二社はライバルの関係にあり、特にビジネス客の多い国内線では頻繁にボーナスマイルなどのキャンペーンを競うように実施している。海外にビジネスや生活の拠点がない限り、この二社に絞り込むのが自然だろう。

ANAとJALどっちが得か?

一般的には「乗って貯まるJAL」「乗らずに貯めるANA」と言われてるだけに、飛行機に乗らすしてマイルを貯めるならANAが有利だ。
しかし、サービスの度合いはANAが始めればJALも追従する。逆もまた然りでどっちもどっちだが、大きな違いがいくつかある。
例えば提携している会社だ。ANAなら楽天とポイント交換はできるが、JALはできない。そのかわりにJALはYahoo!とポイント交換が可能になっている。
どちらのサービスを多く利用しているのか、自分の生活を見直してみよう。 なお、今では効率よくマイレージを貯めるには、インターネットと高機能の携帯電話(少なとも電子マネー対応携帯)は必須だろう。
飛行機や特典の予約だけではなく、あらゆるキャンペーンの参加登録もインターネットでやることになるので、環境は整えておきたい。

ANAとJALの特徴を比較してみよう

全日本空輸株式会社(ANA・全日空)

ANA

国内線中心ならANA。新しい取り組みにもフットワークが軽く、ネットショッピングやサービスとの提携もピカイチだ。

国内線ネットワークが多い

国内に出張などでいく場合、ANAの方がネットワーク路線が多い。

スターアライアンスで全世界に飛べる

マイル加算率は若干劣るが、主要各国の大手航空会社が参加するスターアライアンスに加盟しているので、大抵どこへいくにもマイルが貯まる。格安航空券で有名なユナイテッドも加盟しているぞ。ただしANA自体は経由便が多い。

Edyでマイルが貯まる

電子マネーのEdyでマイレージを貯めることができる。Edyはコンビニやカラオケボックス、ヨドバシカメラなど利用シーンが多い。またEdyへのチャージをクレジットカードで行えば、クレジットカードのポイントとEdyでつくマイルを二重で手に入れることができる。

楽天市場のポイントがマイルヘ変換可能

日本最大のショッピングモール、楽天市場のポイントがマイルに変換可能。ただし最近は、キャンペーンなどで「期間限定ポイント」と呼ばれるマイルなどに変換できないポイントを発行するようになり、マイルの積算効率はあまりよくない。

日本航空株式会社(JAL・日航)

JAL

ワンワールドの加盟でがぜんネットワークが広がった。また、老舗だけあって意外なところとの提携も魅力的。

国際線のネットワークが多い

海外旅行が多いならJALがオススメ。 ANAと違い、直行便を運行しているネットワークが多いので、どこへいくにもマイルで貯められる。

豊富なキャンペーンでマイル獲得チャンスが多い

旅行会社などの格安旅行パックでは、JALが利用されることが多い。ツアーや格安航空券でも、JALなら「ツアーブレミアム」に入ることで、通常50%のところ、100%のマイルを手に入れることができる。また、マイル倍付けやポーナスマイルなど、飛行機に乗って貯める場合にマイルの取得チャンスが多い。

Yahoo!ショッピングのマイルが変換可能

Yahoo!ショッピングは、最近楽天から抜けた売れ筋ショッブ他、注目のお店が数多く、ポイント形態もシンブルで、注目のショッピングモール。もちろん、このポイントもマイル換算できる。

貯まったマイルを家族で共有できる

家族プログラムを利用すると、家族のマイルをすべて合算して利用することができる。但しそれぞれのマイルは均等に減っていくので、気がつくと1万マイル未満で特典交換できない。


ホーム RSS購読 サイトマップ
マイレージの基礎 ANAとJAL比較 ANA JAL