マイラーのためにANAとJALのマイレージを最新情報で比較しました

初心者マイラーのためのANA&JALマイレージ比較

マイレージとは? 貯めることで何かメリットがあるの?

 世の中にはたくさんのポイントカードがあります。買い物をすると、何%かのポイント貯まり、次の買い物に使える。こういうのは、「客」をリピートするために存在する。ところが、小さいお店のポイントなんて、いくら集めたって貯めるものではないしポイントカードの枚数だけ増えていくだけでいいことがない。そこで、ポイントは全部1つに集中したほうがいい。
 今、人気なのは「マイレージ」です。航空会社は、マイレージプログラムというものをやっている。マイレージプログラムは、飛行機に乗ると、飛んだ距離分に対して、マイルというポイントを付けてくれます。そのマイルを貯めると航空券などに交換できます。
 ところが航空会社は、飛行機を飛ばす関係で世界中に支店を持っていて、お互いに提携し合っている。また、人だけではなく荷物も運搬する関係で、あらゆる会社と取引がある。そのため、飛行機に乗らなくても、色々なところでポイント=マイルを貯めることができます。つまり、お金を使うことをすれば即ちマイルに換算できるのです。

マイレージを貯める意義

 マイルを貯めれば、旅行できるといっても飛行機はあまり乗らない人も多いかもしれない。マイレージは商品券を経由するなどして現金へと買えることができます。けれど、航空券との交換こそがマイレージの一番正しい使い方なのです。航空券はほとんどの場合に割引が入っているので一概に言えないのですが、航空券に交換すると約1マイル=3円〜20円換算になります。
 マイルを旅行商品券にすると1マイル=1.5円。通常の現金化だと1マイル=1円程度にしかならない。こうしたことを踏まえると、航空券に交換したほうが断然お得なのです。しかも、お金を出せないような航空料金が高いハイシーズンやビジネスクラスにアップグレードなどお得に使えて魅力的です。
数年マイルを貯めて海外旅行を計画してみては、どうでしょうか?

 

ANAでお得なカードはどれか

ANAカード

 ANAのオフィシャルクレジットカードは、利用することで100円1マイル貰える。一度カード会社のポイントサービスにポイントが蓄積され、移行手続きを行うことで、所定のレートに調整されて、マイルヘと交換できるのだ。

 

 また、ANA便の飛行機に乗ると、ワイドカード以上ならば25%、通常カードでも10%のマイルが通常より多く加算されるのが特徴だ。 ANAカードはいくつか種類がある。提携カード会社は、JCB・VISA・ダイナース。また会員区分は通常会員か、ワイドか、ゴールドカ−ドにするか、という違いのみ。オススメカードを選ぶのも非常にわかりやすい。

 

ワイドカードとゴールドとノーマルの違い

 ワイドカードは、保険や搭乗マイルの加算、マイル移行時の手数料が無料など、ANA側の付加価値はゴールドカード並みのカード。ただしカードラウンジの利用などといった、ゴールドカードならではの特典が一切利用できないのが大きな違いだ。

会員審査もゴールドより甘く、年会費もゴールドカードより安め。基本的にはワイドカードでよいと思うが、申し込むことができるなら、ゴールドカードを作っておいた方がいいだろう。

 

 ショツピングによるポイント加算などで優遇されることを考えると、少しくらい会費が高くても後々ゴールドカードの方がマイルが貯まりやすくてお得になることが多いのだ。

 

カードブランドの違いを理解しよう

 ANAカードにおいて、ブランドによる違いは、そのまま積算率の違いとなる。あまり利用しなければ、前述の通り100円1マイルなのだが、JCBの場合は、最大100円1.5マイルまで増加する。

 

 三井住友カードは100円1マイルにポーナスポイントが加算されるが、ボーナスポイントはマイルに交換できない。「マイーペイすリボ」というリポ払いに設定すれば、100円2マイルにできるが、リポの金利を払わなければいけないので、本末転倒。

 

 Dinersはそもそもポイントアップシステムがない。このように、一見同じように見える力−ドだが、歴然とした違いがあるのだ。

サポート充実のJCBカードがオススメ

 以上の条件を考えると、ANAカードの場合「JCB」カードを作ることが圧倒的にオススメだ。 JCBには、さらにツアー利用時「J‐Basket」という制度がある。 登録制のサービスで価格は年3058円。 JTBやANAツアーなどが扱うツアーを、JCB経由で、電話から申し込むと、ANAJCBの場合は100円7マイルが加算される。 また、JCBは日本の企業なので、海外でのカードトラブルに日本語べースで処理してくれるのが、外国語が苦手な人にとってはなにかと便利だろう。

 

カードの種類

JCB

年間100万円以上の利用で、100円=1.5マイルまで獲得マイルが増減するのに加え、年間300万円を超えると誕生月のみ100円=3マイル

ダイナース

ダイナースとしての特典こそあるが、審査も厳しく、年会費が他より高い分のメリットはあまりない

VISA

1年間の利用額100万円を超えるとおおよそ1.2倍に相当するボーナスポイントが加算される。ボーナス分はマイレージ移行不可。また「マイ・ペイすリポ」でリポ払いに設定すると100円2マイル。ただしリポ払いは月額10000円で固定。

カードの種類によるマイル特典

一般カード

通常のフライトマイルに加えて…
入会時のボーナス+1000マイル/区間基本マイレージ+10%のボーナスマイル
カード継続のボーナス:翌年度以降毎年カードを継続すると+1000マイル

ワイドカード

通常のフライトマイルに加えて
入会時のボーナス+2000マイル/区間基本マイレージの+25%のポーナスマイル
カード継続のボーナス:翌年度以降毎年カードを継続すると+2000マイル

ゴールドカード

ボーナスマイルについてはワイルトカードに準じる。カードラウンジの利用が可能になる。

学生カード

通常のフライトマイルに加えてスカイメイトでも通常75%のところ100%マイル積算特定ポイント達成時にボーナスマイルをプレゼント。卒業後に一般カードヘの切り
替えで+2000マイル 

 

JALでお得なカードはどれか

JALカード

 JALでもオフィシャルのカードを作ることでマイルを貯めるのがまず最優先事項だが、まず非常に複雑な力−ド選びからスタートしなければいけない。JAカードのページを見てもどれを選んだらいいかよくわからない。ということで、系統立てて説明しつつ、どのカードがいいかを考えよう。

 

 カードとしては、Suicaはカード利用以外のメリットがあまり多くない。ダイナースカードもあるが、入会基準が厳しい上に、まったくメリットがない。どうせならダイナースは提携カードではなく、ダイナースそのもののカードを持った方がいいだろう。

 

 JCBのカードは、単体のポイントシステムにも参加可能だが、JAL独自のチケット発券などのマイル倍増メリットはまったく享受できず、自動的にマイルヘ移行するコースを選ばざるを得ない。

 

 また、Pasmoの利用ができない。となると、東急提携のTopsか小田急提携のOPカードと会費は全く同じなので、申し込むメリットが無い。

 

 なので、JCBプランドを持っていなければ小田急、VISA/MASTERのいずれかを持つていなければ東急のブランドを選ぶのがお得だ。

 


JALカード公式サイトへ

 

ゴールドか、CLUB-Aか

 グレードは、CLUB-Aが圧倒的にオススメ。他にゴールドカードを持っているなら、ゴールドは不要だ。 学生の場合は自動的にNaviカードになるが、会費が圧倒的に安く、ボーナスマイル制度があり年間最大300+2000マイル。さらに卒業時に2000マイルと、かなり優遇されている。

あなたも、マイルを貯めて、タダで海外旅行に

海外旅行が「特別」ではなくなったのは、いつ頃からでしょうか。以前なら一生に一度の新婚旅行で海外」でも特別だったのに、今では多くの人が気軽に出かけています。

 

しかもレジャーとして海外を楽しむ人の中には、ハワイは今年2回目、とか夏はカナダに行ったから、秋はヨーロッパに、とかの人もいます。こんな人はよっぽど裕福なのかと思えば、意外とそうでもなさそうな人もいるから不思議です。

 

実は私も、どう考えても裕福じゃない部類に入るのですが、年に数回、海外に出かけています。特別旅行だけに大金をはたいているわけではありません。では、どうやってやりくりしているかと言えば、主に陸上で、普通に生活しつつマイルを貯めています。そして、貯めたマイルで、タダで飛行機に乗っているのです。いわゆる「陸マイラー」です。

 

このサイトを熟読してみてください。すると、マイレージプログラムが、こんなに身近で手帷なモノだったのか、と驚くことでしょう。誰にでもマイルは貯められます。あなたも、マイルを貯めて、タダで海外旅行に行ってみまぜんか?


ホーム RSS購読 サイトマップ
マイレージの基礎 ANAとJAL比較 ANA JAL